読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サロン・ド銀舎利

言えぬなら記してしまえとりあえず

春ですね

白樺の若葉がかすかに黄緑がかってきた。やっと春だ。

 

腹の中の人は順調にかさを増し、私の内臓を押しのけて幅をきかせている。

お腹がミチミチになっただけ、心がスカスカになってゆく。あんなに好きだった仕事もゲームも凧糸一本で辛うじて繋がっているような覚束なさだ。

30年以上かけてわたしになったわたしが、数ヶ月の命に淘汰されようとしている。わたしの発する言葉も今は中の人に関することばかり。家族の視線もわたしを通して、新しい仲間の方を見ている。

 

カビが目に沁みるチーズに、震えるほど辛いカレー、脳が痺れるマティーニを捨てさせられてから早3ヶ月。わたしを外側から形作る石膏の塗り物が削り取られてゆく。

薄皮のわたしの中で春が芽吹く。

オッスオラAC

毒親育ちは幸せになれないからかわいそう。

誰がどういう立場で言っているのかはわからないが、はてなでは最近よく見かけるように思う。

しかし、少なくともわたしの周囲の毒親育ち(を自認する)娘たちは、自分の人生をより良くするために30を過ぎても60を過ぎても、自分の心と向き合いながら必死で生きている。他人が簡単に不幸のレッテルを貼ってよいものではない。

かくいうわたしも、多少ながら機能が不全な家族の中で、きっての問題児として兄弟間差別を受けながらすくすくと自己肯定感を潰し、認知を歪ませながら育ったアダルトなチルドレンの一人だ。今でも対人関係に回避的で、身近な人に頼るのが苦手だったり、ちょいちょい不適応を起こしながらも、自閉傾向の症状を武器に面白さと創造性とまぬけでお人好し的な性質でなんとか霞を食って生きている。以前はけっこう嫌な奴だったのだが、まあ色々とうまくいかないなんやかんやを経て自分に対するある種の諦めというか手放しをしてから、自他に対する「かくあるべき」が薄れたように思う。

必然、普通とか常識とかはどこかに置き忘れて久しい。精神疾患の薬を飲みながら長期出張中に未婚で妊娠なんて、どこからどう見ても非難の対象にしかならないだろう。

まず、服薬中に長期出張に行くなってところから始まり、服薬中に妊娠するなって話だし、妊娠した経緯も「そんなに簡単にはできないだろう」という甘い見通しであった。

 

しかしその実、様々な裏付けや事情がある。まず、わたしの仕事が比較的高収入の資格職で、一馬力でも子供1人なら何とか大学までは通わせられる見通しがあること、実家に経済的余裕があり要介護者も現在はいないこと、兄弟も自閉傾向ながら特性を活かし安定した職に就いていてお互いの関係も良好であること。これらに加え、腹の子の父は身体が丈夫で、職業能力が比較的高く、高収入ではないが定年後も続けて働ける技能を持っている。つまり、金は何とかなるのだ。

また、子を急ぐ事情としては、子の父とは年に数度しか会えない状況であったこと、わたしの年齢が出産に適した時期を超えそうであったこと、子が出来でもしない限り仕事一辺倒のライフスタイルに終わりが見えなかったことがある。

ただ、これらを並べたとしたところでわたしを親になるにふさわしくない人間と切り捨てる他人は大勢いるだろう。

それでも、子の父も実家の家族も親友もわたしの状況を心配しながらも祝福してくれている。

 

ただおそらく、わたしは将来腹の中の子に「産んで欲しいなんて頼んでない」とか「こんな家に産まれて来たくなかった」とか言われる親になるだろう。正確にいうと、そういうことを親に直接言うタイプの子供を産み育てるだろう。わたしも子の父も、性格が荒っぽく、目上の者にズバズバ切り込んでゆく性分なのだ。どちらに似てもアウトだ。

まあわたしはきっと「そんなに嫌なら出て行け!」と言うタイプの母親になるだろう。立派なネグレクトである。

しかし、そういう状況にあっても、人は、とりわけ若い時分はなんとか周りに頼って生き延びるものだ。そこで傷ついたり失敗したり親に言えないような出来事があったとしても、乗り越えてゆく強さをもっているのが人間だ。少なくともわたしの半径5mほどにいる人たちはそういう人たちだ。

だからわたしにできることは、わたし自身が周囲の人に頼る姿を子に見せてゆくことだと思っている。

わたしの4歳ごろの記憶に、兄と二人で近所のおばさんの家でおやつを食べさせてもらっている光景がある。そこに母親の姿はない。逆に、わたしが不在の我が家に近所の子供がいたりもした。80年代の地方都市のことである。

きっと、わたしの両親が二人だけで孤独に子育てをしていたら、わたしは再起不能の不適応で、今も実家に引きこもっていただろう。また、モラハラ男に依存して心を殺しながら息だけしていたかもしれない。しかし、今はそうではない。それは、祖母と叔母との同居生活や、近所とのゆるい出入りが幼少時のわたしの心の抜け穴となり、いつも新しい風が吹き込み、根腐れを防いでいてくれたからだと思っている。親には恨みもわんさかあるが、同時に、ある程度適当にしてくれてありがとうという感謝もある。

 

子自身が思春期以降に決意して親に立ち向かうことが必要な場合はあるが、外野が孤独な親を責めるのは意味がないどころか害悪である。まして、親になる資格を付与したり剥奪することが誰に出来ようか。

親自身が立派でなくとも、周りに親切な大人が数人いれば、そこそこなんとか子の心は生き延びられる。わたしは自分が将来、我が子に毒親と呼ばれることは甘んじて受け入れる覚悟があるが、外野からの批判に耳を傾けるつもりはない。うるせえ!だったらなんかよこせ!と言うだけだ。

毒親育ちは序盤かなりハードモードだけど、今のわたしにはちょうどいい難易度だ。必ず乗り越える力をもっていると信じてくれる人間が周りにいるだけで、自分では信じられないようなことだって出来るのだ。周りに毒親育ちで苦しむ人がいたら、どうか、憐れむより、励まし勇気付けてあげてほしい。

下等生物つらい

つわり的なものが進行中で、温かいものが全く食べられなくなった。

サンドイッチとおろしぶっかけうどんを主食に、つまみ昆布とコンビニに売ってる100円でいっぱい入ってるスティックパンを食べて凌いでいる。

とにかく空腹を感じると二日酔いの朝モードになる。なお二日酔いに関しては一家言あるわたしであるが、明けの朝はとにかく水分をとり、なにか固形の炭水化物を腹に詰め込むに限る。大抵は蒸しパンだ。あれは良いものだ。

ただ、現在は甘い香り耐性が著しく低下しており、結果あのパサパサして香りも口当たりもクソもないスティックに落ち着いた。サイズも小腹に丁度よい。チョコチップが入ってるやつだと味が整い食べやすくなお良い。夕方になると自席でもそもそとスティックを貪る姿が周囲にはどの様に映っているのか些か気になるところではあるが、そんなことも言っていられないエマージェンシーが現在の状況だ。

昨日見てきたあのチカチカした小さい塊が、こうも大の大人のMPをゴリゴリ削って来るとは恐れ入った。わたしはこの手の「耐えて去るのを待つ」系タスクが大嫌いだ。積極的に何かやれば早く終わる世界が好きだ。あなたお母さんになるための試練なのよ、とかお花畑みたいな理屈で諭されそうだが、そういうのはべつにわたしはいらないから、なんか「絶対気持ち悪くならない匂いのついたマスク」とか、「絶対気持ち悪くならない超さっぱりした味の食べ物」とか誰か開発して売ってください。だいたい、全ての人類がこんな体調不良の犠牲のもと産まれてくるとか、まじ胎生なんて欠陥だらけじゃねえか。哺乳類、下等生物すぎるだろふざけんな!ナメック星人みたいに、口からタマゴ産んだらすぐ孵化していきなりイメージどおりのメッチャ強いやつ出てくるとかだったらいいのになあ。

大変な思いをしたほうが愛情がわくなんてのはただのサンク・コスト効果に過ぎないような気がする。なるべく楽に楽しむ方向性でやりたいです。現に仕事はその理念に基づいて一定の成功をおさめているので、なんかうまい方法を模索していきたい。あー、腋の下とかからいきなりしゃべる唯我独尊なガキが産まれてきたら楽でいいな。や、ある意味面倒くさいか。

からだメモ

7週目突入。

今日も寒い現場で柵を乗り越えたりハシゴを登ったりしている不良妊婦だが、さすがに労働時間は長くなりすぎないように気をつけている。といっても、10時間くらいは働いているのだが。周囲にカミングアウトしてないので特に何か配慮してもらえるわけでもなく、わたしの仕事を代わりに出来る人もいない。かといってすごく辛いわけでもなく、今のところいたって平和である。というかそもそもわたしは仕事が好きな奴なんだった。

そんなこんなでたまたまうまくいっている。腹の中の人はわたしに似ず、いきなりラッキーな人だ。うらやましい限りである。まあ、わたしのところに来てしまったのは不運なのかもしれないけど、いや、そうでもないか。普通だな。良いところも悪いところもありながらその都度なんとか生き延びている普通の親のもとに生まれて、嬉しいことも嫌なこともあって、悩んだり決断したりする普通の人生を送るんだろう。

 

家に帰れば強制的に眠くなる何某かを分泌され、8時間くらいは寝ている。つわりはどうやら食べづわりタイプらしく、空腹になると気持ち悪くなる。かといって、一気に食べると酸っぱいげっぷが上がって気持ち悪くなるので胃と相談しながら食べたいものを食べたいだけ食べたい時に。傾向としては牛丼アタマの大盛りご飯半分に柚子胡椒をのせた食べ物がいたくお気に入りのようだ。贅沢なのか質素なのかよくわからないが、その他大根サラダとか冷やしトマトとか塩レモンアボカドとか、そこそこ栄養のあるものを欲するのは良い傾向だ。じつに感心な若者だ。ところで、わし自身はグラタンとかアップルパイとかお好み焼きとか、小麦粉と脂肪が渾然一体となった食べ物が好きなんだけどなぁ。今はぜんぜん食べられる気がしない。

 

よく食べ、よく働き、よく寝る。今までの暮らしとそんなに多くは変わらないが、無理をしない大義名分を自分自身に振りかざすことができるのは精神衛生上すこぶる良い。中の人のためと思えば、ダラダラしたり、嫌な仕事を後回しにしたり、温かい事務所の中でぬくぬく仕事をしたりする権利が自分にもあるんだと思いやすく、気楽だ。その権利は当然わたし単体でも持っているはずなのだが、一人だけずるして楽しているようでどうしても気がひけるのだ。そこでいきなり心強い家族の登場である。

 

まだ中の人の世話をしているわけではないので、母ちゃん的な自覚は皆無なのだが、とりあえずわりとわたしの生活全般に対して協力的な人が腹の中にいて、マジ助かってます。いやほんと。

中の人の父親はとりあえず自分の仕事だけで精一杯っぽいからあと2週間くらいは放置の方向だが、娑婆へ転校してきたばかりの中の人とわたしばっかり先に仲良しになってしまっては可哀想なので、とりあえず「中の人はすごい空気読んでくる親切な人だから、きみもすぐ仲良くなれると思うよ」とは紹介しておいている。

悪阻より、銀歯が取れて食べれない

自律神経以外がそこそこ丈夫で、薬を飲みながらも騙し騙しフルタイム+残業の社畜労働をこなせているのはひとえにフィジカルの強さのおかげだと思っている。

だいたいにおいて、5教科8科目の受験とか6時間半一本勝負の設計とかする人はやっぱりそれなりの集中力があって、集中力の礎はやはり体力だ。考えてみると、大学時代の女友達は高校までスポーツやら吹奏楽やらのわりとハード目な部活をしていた人間が多い。根性とか呼ばれる力も結局のところ体力なのだ。その辺を忘れて、儂等のようなドスコイ女はすぐ「若い男は根性がない」とか言うんですよ。違うのだ。色がピンクに塗装されているだけで、ハリアー、エクストレイル、アウトランダーなんですよ。それが、黒に塗装されただけのヴィッツに「もっと加速しろ!」とか言うのは酷なのである。今は反省している

まあ、そんなこんなでわりと元気だ。食欲も、普段が130とすると今は80くらいで、痩せてる女なんかは普段から60くらいなんだろうなあと思っている。ちなみに、胃腸炎とかになって、げりとげろの時を0とする。

これから食欲指数が40くらいまで低下していくのか、食べ悪阻とかいうデブリシャス("すごく太りそう"の意)なやつが来るのか、ちょっとわかんないんですけど、タイトルのとおり12年前につけた銀歯が取れて、物理的にものすごく食べづらい。歯医者に行かなきゃ俺は敗者!会社で稼がにゃマイカー廃車!ガンジャをキメてりゃ麻に感謝!ヤンチャに遊べば気付きゃ容疑者!みたいな死ぬほどどうでもいいライムを思いつきました。

 

とにかくあれ。眠い。今日は外でたくさん動いてすごく疲れて眠い。眠い悪阻です。高校生だったの時の眠さが180とすると、160くらい。国会議員の眠さ平均が多分130くらいだから、結構眠いと思う。(てきとう)

虎も回ればバター化する

半月後に大学病院の予約がとれた。意外と先でびっくりしたが、通院が少なく済むならばそれに越したことはない。半月ものあいだ腹の中の人は野放しにしておいても大丈夫なのか。これが「妊娠は病気じゃない」というやつか。現在の状況をまとめると、病気の人がうっかり妊娠したけど妊娠自体は病気ではなく、どちらかというとうっかりの部分が深刻な病気というかむしろ障害っぽいってやつ。

同じタイプのうっかりが深刻な友人がうっかり授かったのはもう7年前くらいになるのか。ヘイ!わたしも同じくうっかったよ!やんぬるかな!みたいな鬱陶しい報告を早くしたいなあ。

それはそうと、住民票のある土地で通院しているかかりつけの精神科に紹介状を書いてもらわねばならなくなってしまった。もろもろ支払いなどを頼む都合、母親に妊娠を報告しなければならない。これには参る。

わたし自身は昨日、「コウノドリ」をKindle大人買いし、一気読みしたので、出産にまつわるあらゆるアンラッキーな想定を一通り終えたところだ。わたしは歩けば棒に当たる犬畜生の如き凶運の持ち主であるため、1%の確率くらいならば余裕で引き当てる自信がある。その代わり首の皮一枚で繋がることも多いのだが、まず前提からそもそも一般の方々はそうおめおめと首の皮一枚になどならないのだった。頚椎あたりに差し掛かった頃に「これはまずいぞ!」みたいなセンサーが働くのが、大多数のまともな人間だ。

簡単にいうと、虎穴と気付かず虎穴に踏み込み、虎子に噛まれるも必死で逃げているうちに虎が木の周りでバターになったからパンケーキを作って食べるもお腹を壊し、トイレに籠っているうちに二匹のネズミ(赤と青)に残りのパンケーキを食われるみたいなパターンだ。そんなパターンは聞いたことがないが。

よって常々、パンケーキあたりまでの想定をしながらふらふらと出かけて案の定お尻を噛まれて「なあにかえって免疫力がつく」とかいってヘラヘラするスタイルを貫いているのだが、母親はわたしがお尻を噛まれるのをわかりながらも何回でも出かけていくのをとても嫌がる。なので、今回のようにうっかり妊娠出産という人生最大の炎上プロジェクトに踏み出そうとするわたしを心配の網で絡め取ろうとするだろう。それがわたしには耐え難い。

近年、母親に対しては「極力、良いことしか報告しない」「あらかじめ母親が心配しそうなことを想定して、その種を一粒残らずすり潰すための説明をする」という基本方針を貫いていたのだが、今回ばかりはそうもいかない。文字に起こすとすごいインパクトだが、「ハイリスク出産」をしようとしているのだから。しかも夫婦だけで、津軽海峡を隔てた遠方で。

もし、わたしに何かあればきっと彼女は、わたしの感情を横取りして怒り狂い、咽び悲しむ。わたしは自分自身の出来事に対して何の感情を割り当てるか考えるよりも先に彼女を励ますために平気を装ってヘラヘラするのだ。

そんなこんなで、わたしの精神衛生上の都合で安定期まではそれぞれの両親には内緒にしておこうと配偶者(予定)と話していたのだが、計画がパァですよ!!

 

このプロジェクト、いきなり炎上じゃねえか!!うけるー!

健保ヤバイ

健保ヤバイ。

健保がないと一回の診察に1万円かかる。初診とエコー検査と紹介状のトリプルコンボ。全額実費。まじ妊娠きつい。貧乏人にオススメされない理由がわかった。仕事、ぜったいやめない。いま2つ候補にあがってる寄生先のどちらにもそこそこ貯金あるの知ってるけど(アテにしてる)、そいつらを溶かす破壊力の片鱗をみた。収入だいじ。手に職よかった。というか、今日いくらかかるかわからないから財布に3万円くらい入れておいて良かった。

情弱つらい。

 

そこで住民票、これ。

住民票があれば健診チケットもらえる。

でも、住民票ここにない。行政サービス受けられない。つらい。来月いっぱいで住民票のところに帰れる。でもそれまでにあと2回は健保なしの受診。お金だいじ。

まじ行商人とか旅芸人の一座とか遊牧民とか全国放浪型SEとか、妊娠したらどうすんの?4月は住民票のところにいるけど、5月以降どうすんだ、わたし。まじ5年かけて貯めた貯金がソッコー溶けそう。無計画妊娠すげえ!

とりあえず、週明けに大学病院に行けと紹介状をもらったんだけど、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬飲んでる件かな。わしの症例が今後の人たちのデータとなって役に立って、なおかつ、子に奇形が出ませんように。よしんば出たとしても、かわりに下らないことでそこそこ幸せを感じる能力を授かりますように。

 

小町に書いたら間違いなくフルボッコ。増田でもブクマで手斧の雨。責任能力のない人間が親になるなとかぜったい言われる。子供がかわいそうとか言われる。でも、わたしは「かわいそうとまだ決まったわけではないぞ!」って思う。

もし将来、「産んでほしくなかった!」と本人に言われても、「そらすまんかった!」って言うと思う。

 

とりあえず、中の人のミルク代を稼がねばならんので、今日も半日働きます。