読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サロン・ド銀舎利

言えぬなら記してしまえとりあえず

春ですね

白樺の若葉がかすかに黄緑がかってきた。やっと春だ。

 

腹の中の人は順調にかさを増し、私の内臓を押しのけて幅をきかせている。

お腹がミチミチになっただけ、心がスカスカになってゆく。あんなに好きだった仕事もゲームも凧糸一本で辛うじて繋がっているような覚束なさだ。

30年以上かけてわたしになったわたしが、数ヶ月の命に淘汰されようとしている。わたしの発する言葉も今は中の人に関することばかり。家族の視線もわたしを通して、新しい仲間の方を見ている。

 

カビが目に沁みるチーズに、震えるほど辛いカレー、脳が痺れるマティーニを捨てさせられてから早3ヶ月。わたしを外側から形作る石膏の塗り物が削り取られてゆく。

薄皮のわたしの中で春が芽吹く。