読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サロン・ド銀舎利

言えぬなら記してしまえとりあえず

健康になるスパイラル

ポケモンでGOしてます。

職場が某観光地の目と鼻の先でして、昼休みは狩りに出かけ、木陰のベンチでランチです。それから徘徊、ポケモンゲット。

ゲームに飽きるまでの間にガシガシ歩いて、体力つけねば。きっかけは何でもいいから、身体を動かすのじゃ。色々の不調の原因は、長時間労働→運動不足→体調不良→能率低下→長時間労働のデススパイラル。

仕事はテキトーにして、ゲームするために早く帰る→いっぱい歩いてポケモン捕まえる→身体が疲れる→風呂入って寝る→早起きしてエクストリーム出社(ポケモン)→仕事はテキトーにして早く帰るという、健康スパイラルに入りつつある。活動的になれば何かのついでに掃除とか買い物とかも出来るし、汗をかけば洗濯物もためない。ゲームに夢中になれば間食も減る。

ゲームの開発理念の柱に健康増進があるのは間違いない。頭が良くて志が高い、本物の天才たちがチームになって開発したのだろうなあ。すごいなあ。

色々と問題を指摘するのは簡単だけれど、拡張現実は既に時代の大きな渦であり、ポイントオブノーリターンはとうに超えている。早くこの流れに乗り、マインドセットを未来に向けた者が幸せを掴める。

要は戦国時代が始まっている。中世のような力の時代でも、近代のような富の時代でもない。情報の戦国時代だ。優しく善い心と正しい行い、勇気と知恵によって人気を稼ぐ戦いがはじまるのだ。それは裏を返せば正しくない者がリンチに遭う息苦しい時代でもあるが、やがてリンチをした人間自身が己の評判を落としてしまうサバイバルでもある。

人類全体が賢く上品な生き物に進化しているのかもしれない。間抜けな正直者にとってこの流れは非常にたすかるが、混沌の時代を自分が生きることになろうとは、全然想像してなかったな。歴史を紐解けば、平和と混沌が交互にやってくるのはごくごく当たり前のことなんだけれどもね。諸行無常であるなあ。