読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サロン・ド銀舎利

言えぬなら記してしまえとりあえず

誰がためにパンを焼く

ただぼんやりと、目の前の飢えたひとに自分の顔を千切って与えてきただけの2人が出会って、いつもお互いの半分になってる顔を遠くから確認して、「今日も半分だね」「そっちこそ」って言い合いながら暮らしている。
脊髄反射で漫然と顔を分け与えるシステムが組み上がっているため、焼いても焼いてもまだ足りない。
こちらのパン工場は、既に生産能力を超えた需要の前に熱疲労をおこしている。

悪いひとにまでどうして分け与えるんだと友達にはよく怒られるけど、飢えたひとを見分けるセンサーしかついてないからです。分け与えた後のことは、あまり考えていない。考えるべきだと言われても、そういうシステムになっていないもので。
でも、パンなのかカバなのか、見分けられるようにはなったかも。すこし賢くなりました。

身近なひとにはパン工場を大切にしろと言われるが、パンの供給量を心配してるのかなとしか思えない。いや逆で、つまるところわたしはパンの供給能力を増やすことしかあまり興味がないのかもしれない。

だが、わたしは半分の君に自分の残り半分の顔を与えてしまいたいのに、パン野郎はぜったいに受け取ってはくれない。
受け取ってくれないなら、お前の残り半分をよこせと言ってみたが、くれなかった。

パンを焼くのは好きだが、食べるだけのカバたちの世話はつまらない。

雑菌に侵された顔を分け与えていけば、カバもうさぎもいなくなってくれるのかな。
でも、カバもうさぎもいない世界になればパンを焼く意味がなくなってしまう。

まいにち半分になってしまうところを5分の3に抑える努力はしているが、このままでは小ざるが棲みつく前にパン工場の屋根が壊れてしまうのではないだろうか。小ざるが棲みつけばパンの供給量もさらに減るしなあ。もうこのまま工場ごと黴びるに任せてしまおうか。

ちなみに中身の具はカレーです。
スパイスがいささか強すぎてなかなか菌が住み着かない。方や、もう片方のあんこは糖分多すぎてこれまた腐敗しない。
どちらにしても小ざる向きのメニューではないよなあ。