読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サロン・ド銀舎利

言えぬなら記してしまえとりあえず

お菓子を食べればいいじゃない

今週、人が家に来ることになっている。一泊だ。
以前うちに住んでいた人間なので、わたしの家事能力の低さはよく知っている。いや多分、当人はわたしについて家事能力が低いとはさほど思っていないのだが、わたし自身の家事というものへのコンプレックスを理解してくれている。あと、わたしが「コンプレックス」という単語を発すると、バカのひとつ覚えのように吉川晃司の肩パッドについて言及する好人物だ。なるほどあの肩パッドの前では、すべての悩みがバカバカしくなる。
まあ、そんなんでわたしが苦手なこと(主に掃除)はほとんどやってもらっていた。
ので、今更恥ずかしさを感じることもないのだが、掃除ができない自分を惨めに感じるのがつらいから、予防線をはっておいた。掃除が間に合わなかったらビジネスホテルに泊まろうという依頼だ。
これで、「ねばならない」タスクが「やれたらやる」に降格した。
ちゃんと掃除ができたら自分を褒めよう。出来なければ市内のホテルに泊まるという非日常を楽しもう。これならばどっちになってもすてきだ。先立つもの、つまり、ある程度自由になる金ありきの話ではあるが。パンが無いならお菓子!家がダメならホテルに泊まればいいじゃない!
こうやって持っているリソースを活用して少しずつストレスを減らしていけばいいんだな。
今日、生きるハードルが少し下がった。

追記
コメント欄のとおり「やれたらやる」がさらに「やらなくてもいい」に降格しました。やってもらうことを素直に喜べる自分でありたい。「これだけやってやったんだから返せ」と要求しない人とだけ付き合える幸せな人でいたい。
持っているリソースのうち、最強のものは、金ではなく、人間関係だということがわかりました。ほんとは結構恵まれているんだよなあ。
ううう…日々かしこくなっていきます。ヒントをありがとうございました。感謝しきりです!