読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サロン・ド銀舎利

言えぬなら記してしまえとりあえず

世界をうまく考えられない

辺境の島国で生まれ育ったわたしには、世界のことをうまく考えられない。ユーラシア大陸とアフリカ大陸北部を中心とした1万年程度の歴史の流れは知識として知っているが、太平洋がそこに登場するのはせいぜい最後の250年だ。

辺境の島国のさらに辺境の島で生まれ育ったわたしには、日本のこともうまく考えられない。新幹線の「のぞみ」が走る地域を中心とした3000年程度の歴史の流れは知識として知っているが、蝦夷地がそこに登場するのはせいぜい最後の150年だ。

 

わたしは毎日、地震や台風のことばかり考えて暮らしている。

 

戦争のことにはあまり興味が無い。「それはいけない、こう考えなさい」という人がいれば、そうなのかなあと思うだろう。

この国で戦争が始まれば、わたしは逃げることばかり考えながら、同時に戦争で金儲けをしようとするだろう。自分と自分の周りの2、3人が死ぬ可能性を最小限にできさえすればいい。わたしはどちらかと言うと戦争の役にも立つタイプの技術を持っているので、きっとそれでお金を稼ぐだろう。生き残った状態で戦争に負けたら、進駐軍に技術を売ってお金を稼ぐだろう。殺されたら、まあ、それでおしまいだ。それだけだ。

 

おとなりの国が日本を恨んでいることについても、まあ、そうだろうなと思う。

たくさんの国がユーラシア大陸の西の方を恨んでいることについても、まあ、そうだろうなと思う。

 

むかしいろいろあった人がわたしを恨んでいることについても、まあ、そうだろうなと思う。

その人が仮に、わたしに何か要求をしてきたら、まずは係争上不利にならない程度に逃げるとおもう。相手がもしキ◯◯イなら、お金と法律の力を使って一度おっかない思いをしてもらうと思う。

法律や宗教が違う相手にはお金と暴力による脅迫でわかってもらうしかないんじゃないかと思う。

少しでも相手に交渉する気があるなら違うけど。

 

わたしにいやな思いをさせた人については、もう関わらないでほしいなって思う。あまり近くにいないようにしたい。

おとなりに住んでいる人が嫌な人なら、わたしは引っ越すと思う。だから、家を買いたいとかは思ったことがない。

隣が嫌な人なのに引っ越すお金がなくて困ってる人がいれば、とりあえず1週間くらいはうちにいなよって言うと思う。でも、その困っている人自身が嫌な人だったら見殺しにすると思う。

 

それよりなんか美味しいもの食べてたくさん寝たい。

美味しいものが食べられない人が隣にいて、その人が嫌な人じゃなくて食べ物を分けてほしいようなら分けてあげようと思う。

 

わたしが空腹に倒れそうになったら、多分結構はやく諦めて死ぬと思う。

そうならないように普段から色々考えて生きてるのに、それでもだめならどのみちもうだめなんだと思う。運が悪かったなあと思う。どうせ今世では功徳が足りないから来世も人間だ。やれやれと思ったらまたオギャーだ。もう少し業ポイントが減った状態で始められればいいけど。

 

辺境の島国のさらに辺境の島で女性として生まれ育ったわたしには、社会のこともうまく考えられない。男性を中心とした人類の歴史の流れは知識として知っているが、女性が人類として認識されたのはせいぜい最後の70年だ。

どうしようもなく周縁にいる。