読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サロン・ド銀舎利

言えぬなら記してしまえとりあえず

実学でなく

学問がしたい。aをいかにbにするかばかり考えて生きてきた。aがいかにしてaたりえるか、aがbでないこと、aとは。もっと知りたい。ずっと考えたい。卒論の発表で工学部の教授が言った、「何の役に立つの?」役に立たない事が知りたい。役とは何かを考えたい。

秘密と生きる

心に詰まった石ころを力任せに砕いてしまった 心の詰まりは通ったが、秘密を一つつくってしまった 「社交辞令を言うように、大人は秘密と付き合うもんさ」 わたしの中のカサノヴァがすまして囁く、頭の奥に 秘密はどんどん増えていく。管理できない付き合い…

よくわからないがなんかちがう

なんかちがう よくわからないがなんかちがう 不安を感じるしきい値か とりうる選択肢の数か 嘘を嘘だとする精度 言葉の定義の厳密さ 無線装置の周波数 マザーボードのクロック数 ネットワークのプロトコル アッテネータの減衰量 ちがいを説明したくても 比較…

蒸留された夜を吐く

あの娘がシャンソン歌うように 作家が葉巻ふかすように 女優が笑いもらすように 学者がため息つくように ここのすすけたサロンじゃあ インテリゲンチャも大衆も 赤いベロアのソファの熱で 夜を吐き出すフラスコさ ガラスの球に注ぐのは 琥珀色したシロップと…

嫌われる術をあなたは知ってるか

嫌われようと思ったら、嫌われ者を見てごらん。 つらいつらいと音を上げて、踏んだスミレは知らんふり。 ほしいほしいと手を伸ばし、子供の涙は見ないふり。 こわいこわいと震えては、刃物を研ぐ音響かせる。 嫌われたいと思ったら、それを真似してみてごら…

体を離れて旅したい

言葉を使わず考えたい。 数字を使わず数えたい。 魔法で金をつくりたい。 世間を知らずに働きたい。 聞こえない音で伝えたい。 意識のないまま走りたい。 空気がなくても歌いたい。 見えない色で描きたい。 偶然だけで暮らしたい。 体を離れて旅したい。